シリーズ長編

*気に入った作品があれば、作品ページ内のいいね(ハートマークボタン)を押してくださると嬉しいです(*ˊᵕˋ*)

ストレンジ / 時の国 / 過去作 / 資料


ストレンジシリーズ(現代/メルヘン)
ストレンジ体験記(連載中)
pixiv版
16歳の少女「片町燈(かたまちあかり)」は、近所に住む10歳の少女「ルリ」の持つ不思議な杖によって、「夢空間」という場所へと飛ばされ、そこで小さな男の子「ストラ」に出会う。迷子になったという彼をもといた場所に帰すため、あかりは彼の居場所の手がかりを求めてルリの祖母を訪ねる。
続きを読む
ところが、ストラの正体は死後の世界の人間で、そう簡単には帰せないことが発覚する。このままではストラが消滅してしまうと聞かされたあかりは、ルリの発案で、夢空間にある「ラピスラズリの木」を訪問するが……
一般文芸とライトノベルの中間くらいの作品です。常体。

ストレンジ冒険記
短編集。小さな虹の住人、ストラの冒険物語。
時々こちらも更新します。


時の国シリーズ(近代西洋)
不思議な時計と赤帽子(完結)
小説家になろう版】【pixiv版
10歳の少女アリーは、ある日赤いベレー帽を譲り受ける。喜んで帽子をかぶって出かけたアリーだったが、道端の浮浪者バートに出会ったのをきっかけに、帽子はまるで時計のような姿になり、好き勝手に飛びはじめる。
続きを読む
ちょうど同じ頃、11歳の少年ギルは兄から貰ったおかしな懐中時計に悩まされていた。
ふたりは、お互いの時計の謎を解明すべく、「人喰い森」と呼ばれる町外れの森へ向かうが、そこではさらに不思議なことが起こってしまう。さらにその後、ギルの兄の様子がおかしくなる。藁にもすがる思いでバートに助けを求めたギルは、そこで兄にまつわる衝撃の真実を知る。一方、アリーに帽子をくれたレイの様子もおかしくなり……

2018年~2019年執筆。全70ページ。児童文学チックな近代西洋風ファンタジー小説。「レイと故郷の時計」と世界観・物語がリンクしています。

時の国の王女 (完結)ページ一覧
pixiv版
虹の国に住む小さな少年ストラは、つまらない日常に飽き飽きしていた。そんな折、虹の国中の人々が突如倒れ、動かなくなってしまう。この騒動の原因が東の世界にある「時の国」だと聞いたストラは、友人であるアンジュとともに時の国を目指す。
続きを読む
「ストレンジ冒険記」に収録している中編です。世界観・登場人物はすべて「不思議な時計と赤帽子」そっくりのパラレルワールドです。「不思議な時計と赤帽子」を読んでいなくても楽しめる、ちょっと不気味なメルヘン冒険物語です。
2020年執筆。全25ページ。

レイと故郷の時計(完結)
小説家になろう版
人がほとんどいない奇妙な国「クロック」。5歳まで何不自由なく家族と暮らしていた「レイ」こと王女レイチェルだったが、ある日を境に家族と引き裂かれ、国を追われてしまう。数年後、レイはあの日の出来事について知るべく奔走するが、事態は思わぬ方向へ動いていく。
続きを読む
2015年執筆。メルヘン色が強い近代西洋風ファンタジー小説。敬体。
ライトノベルと児童文学の間くらいの作品です。全31ページ。「不思議な時計と赤帽子」と世界観・物語がリンクしています。

アレックスのはなし(完結)
pixiv版
7歳のアレックスことアレクサンドラは、いつも男の子のような見た目をしていた。しかし、彼女は女の子らしい服や雑貨が好きなごく普通の少女だった。
2019年執筆。全1ページの短編です。「不思議な時計と赤帽子」の過去話ですが、この作品だけでも楽しめます。


2018年以前の過去作はこちら


資料
登場人物・舞台設定
長編の登場人物・舞台設定・用語などをまとめています。
紹介というよりは、作者用のメモに近いです。
こちらを見なくても作品は楽しめます。
「不思議な時計と赤帽子」について
「時の国シリーズ」の解説のようなもの。すべて読み終わった方向けです。