魔法に憑かれた嘘つき魔

何もない部屋

about main memo clap
design

魔法に憑かれた嘘つき魔

ジャンル:嘘と真実を容認する物語
keyword:魔法|市民|貴族|嘘

◇魔法と貴族と市民と嘘

この世界には、魔法というものが存在する。貴族しか使うことの出来ないと言われているそれは、絶対的権力を振りかざしていた。そんな彼らのことを、市民は皮肉を込めてこう比喩している。『貴族は全員、魔法に憑かれた魔法憑きだ』 と。

◇character

こちら

◇story

第1章:絆される 完結
01:耳障りな音飛沫
02:静けさの狂気
03:壊れた光
04:文字に囲まれた者
05:その言葉は真実か
06:犯人はいない
07:消えない光
08:蔓延る矛盾
09:真実の在処
10:修復不可
11:仕返しのウラ
12:深淵を纏わない誰かの声

第2章:慮る
13:仕組まれた不戦勝
14:甘味に紛れた毒の味
15:振り向き様の異変
16:巣食われた
17:孤独に別れを告げられない
18:情報補正 new!
19:???
20:???

第3章:???