このサイトは1ヶ月 (30日) 以上ログインされていません。 サイト管理者の方はこちらからログインすると、この広告を消すことができます。
春夏秋冬の館へようこそ 。貴方をお招きすべく
一通の文を送った次第です。
館へ脚を踏み入れる際は一度Infoに目を通してから
門をお通り下さい。

── 宵々古今、何時どんな時代も人々は変わらない。季節や時代は移ろうものの人は何時も妬み嫉み、欲、憎悪、愛情、優越感、劣悪感で満たされているもの。時を経ても変わらぬことよ。
さァさ、寄ってらっしゃい見てらっしゃい。貴方の欲望を満たして差し上げよう。見るだけならタダ。私の書物に飼われるのも又一興。心ゆくまでご覧あれ。
今宵も私と貴方の素敵に血的で歪んだ血塗れの
愛の物語を謳おう。
392