こんばんわ、1516人目の観測者さん
星の数ほど、数多な物語が光り輝き、語り継いでくれてる。
私達はその観測者の一人として、ここにいる訳だけどーー

君はどんな物語を観測するの?……って聞くのは野暮だね。
気にしないで、私は人とお話をするのが好きなだけだから。

そう言えば、今の管理者が赴任して、もう2年らしいね。
ん?あぁ、これと言ってお祝い事なんて無いんだけどーー、
おめでとう。って言えば、何かしてくれるかもね。
管理人は囃し立てられれば、調子に乗るタイプらしいし。

あれ?もう行っちゃうの?
そっか、同業者が来てくれて嬉しかったけど、仕方ないよね。
じゃあね。君が気に入る星があることを祈るよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めましての方へ

管理観測者

観測記録

星々の物語

言葉を交わした観測者へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やあ、そろそろ引き上げかい?

まあ、そうだよね。
だってもう、星が眠る時間帯だもんね。

私はもうちょっとだけ、ここにいるよ。
星たち全員が眠りにつくまで。

もし良かったら次も来てよ。
私も星も待ってるからさ。

じゃ、また会う日まで、星の光が輝く頃に。