あなたに会いたくて…

あたしは目を閉じる…

深い…
深くて心地よい

そんな闇が来て…

あたしは
あなたに会いに行く…


“おまたせ”


ほら…
気付けば…

あなたの腕の中…
160