遍く星々が3195回奏でたこの唄は、君に届いただろうか。
2人だけの秘密の場所で見上げた夜空には、数え切れない程の星達が、宝石のように輝きながら包み込むように優しく、子守唄を唄っていた。