短編小説(2庫目)

 森の中を走っていた。
 そう、あのときはまだ。
 抜けられたのかどうかは知らない。さらに深い霧の中。何一つ見えることはない。
 あの森はどうしたか。
 ここがそうなのか。
 知らない、わからない、問題はあの時の俺が森を走っていたということ、今の俺が霧の中にいるということ。
 森を走っている間に勇者は消えてしまった。
 だからボランティアでそれをやっている。俺が。
 報酬はない。知名度も名誉も。
 誰もそれを知らない。勝手にやっている。
 魔王はいる、いはするのだが、本当に倒さなければいけないのかどうかはわからない。
 そもそも勇者そのものが見捨てられた職業ではあるのだ。
 邪魔者、しかし世界のパーツとして必要ではあるもの。
 皆扱いに困っている。捨てたがっている。
 そんなものをなぜボランティアでやっているのか。
 なぜだろうな。
 救いたかったのかもしれない。
 世界を。
 いや、魔王をか?
 親しかったことはない。そもそも面識すらない。
 最近では動きもないようで。
 俺も昔は村に住んでいた、村にいたころの俺は……魔王の子、と呼ばれていた。忌み子だと。
 真実そうなら俺の親族は魔王というわけで、もしそうならやっぱり会いにいきたいじゃないか。
 ならば俺が救いたいのは魔王ではなく、俺自身の孤独であるのか。
 わからない。
 それでもいい。
 霧の中を歩き続ける目的が欲しいだけ。
 「希望」が欲しいだけ。
 ここをずっと歩いて歩き続けた先で魔王、同胞に会えるなら。
 歩き続けるのも悪くはないなと思うのだ。
 そうして今日も、霧の中を歩いている。
19/24ページ
スキ