日常ウィズくりすます ~サンタさんからのプレゼントは謎のメカ友達でした~

「元旦だー!」
「クリスマスですね」
「あけましておめでとうございます」
「メリークリスマス」
「やっぱりそれなのか……」
「年中クリスマスですから。クリスマスといえば夜明け、夜明けといえば初日の出」
「なんの繋がりだそれ」
「初日の出見に行きましょうよ初日の出」
「えっどこに」
「屋上です」
「あっこの? このアパートの屋上?」
「ええ」
「山とかじゃないんだ」
「やはり密は避けたいですからね」
「ちゃんとその辺りの配慮もあるんだ」
「当然でしょう。高性能なので」
「っていうか今初日の出出る時間?」
「違いますね」
「そこまで起きてるってこと?」
「寝たいのなら寝ていただいても構いませんよ」
「えっでも寝たら初日の出見られなくなるだろ」
「大丈夫」
「何が大丈夫なんだ」
「録画しておきます」
「録画!? 初日の出を!?」
「僕は高性能なので録画も高品質でできます」
「それはちょっと気になるけどさ……」
「けど?」
「やっぱり自分の目で見るのが一番いいんじゃないのか」
「ふーむ……」
 だが俺はそれからほどなくして寝落ちした。
 そして。
 しゃんしゃんしゃんという音で目を覚ます。
「今何時……って夕方~!」
「おはようございます」
「何だそれ、鈴?」
「鈴ですよ、クリスマスと言えば鈴」
「なんで今?」
「クリスマスを演出するためですよ。素敵でしょう」
「素敵かなー?」
「そんなことより初日の入りを見ましょうよ」
「初日の入り! なんか逆に年末感出る気がするけど……」
「嫌ですか」
「嫌ではないが」
「ないが?」
「まあ行こうか、屋上だろ?」
「ええ」



 屋上。当然のように誰もいない。
 遠くで日が沈もうとしている。
「うーん空気が澄んでる」
「そうですね」
「新年って感じするな……」
「そうでしょう」
「やっぱ見に来てよかったな、屋上だけど」
「ふふふ」
 しゃんしゃんしゃんとまた鈴を鳴らすくりすます。
「クリスマスなんだか正月なんだかわからんな……」
「何を言っているんですか、クリスマスですよ」
「それだけ聞いたらやばい人だよな……人じゃないけど……」
「くりすますです」
「知ってる知ってる」
 今年はクリスマスな一年になりそうだ。
3/5ページ
スキ