第一章:不思議な出会い?ちょっぴり怖い僕の友達編

だがまだアクシデントは
留まることを知らなかった。
イゾウには内緒なんだけど、
僕には5歳年上のお姉ちゃんがいて、
一緒に住んでいる。今はバイトにいっている
けれどもうすぐで帰宅する。

実はというと僕はシスコンなんだよね…
もしそんな時にお姉ちゃんが帰ってきた
りなんかしたら驚くだろう。

「ミツル?何かしたのか?」

イゾウは早くも僕の恐れている事を
まるで見抜いていたかのような目で
こちらを見ている。…お察しが良すぎる。

「イゾウには友達に
お姉ちゃんがいる友達がいるの?」

と、僕はボソリと質問をしたその直後!

「ミツル~帰ってきたわよ!」

玄関に僕のお姉ちゃんの
ミサトお姉ちゃんがそこに立っていた。
もうやばい!だって僕のお姉ちゃん
にはまだイゾウが家にいるという事は
伝えていなかった。

下手な話
警察にも通報されたらやばいかも!
しかしその時点で目の前に
イゾウの姿もなくなっていた事に
気がついた!なんだか悪い予感しかしない。

僕は急いでミサトお姉ちゃんの
いる玄関に向かった。
そこには仲良く握手を交わしている
ミサトお姉ちゃんとイゾウの姿がそこにあった。

あ、そういえばミサトお姉ちゃんは
大の歴女(歴史大好き女性)だったことを
思い出した(笑)

とりあえず僕はイゾウが庭で
猫と戯れだしているのを見計らって
お姉ちゃんを茶室に呼び出して二人で
話すことに…

「不思議な方よね、イゾウさん、
でも昔趣味で勉強した幕末の志士
の誰かと同じ名前なのは気の所為かしらね?」

…僕は歴史は大の苦手だったので
どうも、ちんぷんかんぷんになった。

「そ、そうかな。でも怖く見えるけれど
話してみると以外といい人か…」

「ある土佐の『人斬り』の人と同じ名前の人なのよ。」

(突然、僕の背筋が凍りだした)

「お姉ちゃん…『人斬り』って
どんな意味?」

「今で言う『殺し屋』みたいな感じだわ。
でも話してみると割ときさくでいい人よね、
イゾウさん。彼って本当にその人なのか
時々疑わしくなるわ。」

僕はどうしていいかわからなかった。
だけどせっかくできた僕の友達に
「あなたは人斬りと同じ名前だから絶交する」
なんて言えない。僕はお姉ちゃんとの会話を
中断するとイゾウのいる庭へ急いだ。
5/7ページ
スキ