【第一章】はじめてのレース【ミュウ視点】

「こんにちは、ボクの名前はミュウ、
ここはワイマール王国っていうんだ!

ここ、ワイマール王国では
ちょっと変わった音楽競技である
「R2BEAT」が毎日開催されているだ。

R2BEATっていうのはね、
レーシング要素に音楽を組み合わせた
珍しいレーシング競技なんだよ。
ボクもいつかここのR2BEATの
最高難易度である「太陽」レベルに
挑みたいなあ。」

ボクっ子の少女の名前は
ミュウ、彼女もまた一人の
R2BEAT(略称あるつ)の
プレイヤーで、一応女の子だよ!

---翌日---ワイマールのとある公園にて---

ワイマールのとある公園、
ミュウとその友達のジミーと
ジョニーがそこに遊びに来ていた。
3人はマブダチらしい。

「いいなーミュウ、
美人のねーちゃんがいて!」

ミュウを羨ましがるサッカーボール
の帽子を被った少年のジミーが
そう呟く

「そ、そうかなあ…」

照れ顔になっているのは
ミュウ、内心嬉しそうですね。
そう、彼女の姉の「スウ」は
ワイマール王国のトップクラスの
アイドル的R2BEATレーサー。

「でもさー、
最近妙なスキャンダルが多いらしいぜぇ…
『妙な男に狙われてる』とか」

「…(と、無言のミュウ)」

とボソリとジョニー。
どうやらジョニーは芸能通らしく、
こうゆうへんな情報もキャッチしていたのだ。
それを聞いてしまったミュウは
思わず焦ってしまった。ミュウは
姉のスウの事は誰よりも知っているつもり
(妹だからという観点から)だったが、
このようなスキャンダルみたいなのには
すごく鈍感だったから。

「どうしたんだミュウ?
落ち込んでいて…
おい!ジョニー!なにか
変なこと言っただろ!!」

「すいません、俺が悪うございました」

とジョニーを攻めるジミーに
反省するジョニー。

スウになにか悪いことが!
と思ってしまったミュウ。
でもいつまでも落ち込んではいられない。

「だ、だいじょうぶだよ!
ボクは元気だよ!」

とごまかすことにした。
そして3人はR2BEATの練習を夕方まで
行い、公園を後にした。

1/1ページ
スキ