0冊目:名前のない花

 さらりと流れる風が、どうしてか酷く心地いい。
 もし、このまま静かに眠りにつけるのなら、きっと今までのことなんて全て忘れて、何もかもを終わらせることが出来るんじゃないか。なんて無意味な想像を何度もした。
 酷い眠気に襲われ、このまま倒れてしまいそうなではあるけれど、重たくのし掛かる瞼を無理矢理開ける。目の前に広がるのは、何処かで見たことのあるようなモノクロの景色。
 普段なら青いであろう空も、鮮やかに彩られいるであろう花畑も、おれの目にはただの白と黒として、そして、その間に挟まれた灰色にしか映っていない。
 おれのいる世界が一体何を意味するのかなんて不思議と考えることはしなかったが、それは恐らく、頭のどこかで今の状況がなんなのかというのを分かっていたから。

 この異様な景色。それは、おれがもうこの世の者ではないということの象徴なのだろう。
 一体どれくらいの時間をこうやって過ごしたのか。そう思うくらいに、酷く淡々としたこの場所。こうなる前、自分は何をしていたのかなんていうものは、もう殆ど思い出せなくなっていた。
 微かに覚えているのは、今もこうしておれの足元でゆらゆらと揺れている何かの花に、おれは魅いられていたということと、いつも一緒にいた小さな誰かと、あと……なんだっただろう。
 何度思い出そうとしても思い出せないというのは、少し前なら嫌気がさしていたかも知れない。でも、そうはならなかった。

「……思い出す気力もないな」

 ――さっきより、意識が朦朧としてくるのが分かる。
 その時おれは確信した。ああ、おれはやっとここから解放されるのか、と。
 体の力を抜き、白黒の花畑の上に倒れ込む。花は簡単に押し潰れ、その衝撃で花びらが舞うのがよく見える。この光景を、おれは何処かで見た気がした。

(どうして……、おれは死んだ?)

 仰向けのまま、ゆっくりと目を閉じる。微かに通る風に意識を向けると、風に紛れて聞き覚えのある音が聞こえてくるのだ。

(……何かの音が聞こえる)

 その音は、耳を澄ませていても聞こえにくいような微かな音。これは一体何なのだろうか。そんなことはもう思い出せる訳がないのだが、思い出せないと分かっているはずなのに、ずっと考えてしまう。
 もう何も覚えていないに等しいのに、それでも俺の心に残っている小さな記憶。
 この状態になっても何かが引っ掛かっているということは、多分、そう簡単に忘れてはならないものなのだろう。
 でも、もう駄目だ。

「約束、果たせそうにないな……」

 誰に言うでもなく、おれの口から無意識に溢れ落ちる言葉。でも、だからといってそれが一体何を意味するのかなんて、もう分からない。
 もう、何もかも終わったことなのだ。
 さらりと風が横切る度に、花が靡いていく。その間を縫って、少しずつ何かが近付いてくる音が聞こえた。
 今までおれ以外に、この場所に誰かがいるなんてことはなかったというのに。
 音のする方へ、顔だけ向ける。見覚えのある誰かは、花を踏み潰しながらおれのそばにやって来て、気付けば優しい笑みを浮かべながらおれを見下ろしていた。

「お前は……?」
『やっと見つけた』

 そう言ったかと思うと、腰を下ろしておれの手をそっと握った。

『ここであなたを探すの、大変だったんだけど……。また会えてよかった』

 おれの目に、酷く優しく映る笑顔。それに付随その言葉は、おれが全てのことを思い出すのに十分だった。

(……ああ、そうか。やっぱりか)

 分かってしまう。ここから消え失せたとしても、次のおれもまた、これに囚われてしまうのだろうと。手を握られた衝撃からか、少しだけ生きていた時のことを思い出す。これが、いわゆる走馬灯のようなものだったのかも知れない。
 目の前にいる誰か。ここに咲いている花の名前。いつからか一緒にいた小さなあいつ。そして、何かがおかしい彼らのことを。
 そして、自身において恐らく最も重要なこと。
 どうしておれは死んだのかということを。
 思い出したところで、もう俺は消えるのだろうが、それでも、例えどんな記憶だろうと、思い出せたことは嬉しかったのかも知れない。あるいは、その逆か。
 自然と、涙がこぼれ落ちていた。

(アイツ、どうしてるかな……)

 段々と視界がぼやけていく。
 それは涙によってとかいうことではなく、おれがここから消える前触れだった。
 光のような何かが体から漏れている。というより、体が少しずつ光の粒になっていくような感覚だ。
 果たして、これからおれはどうなるのだろうか?
 然るべきところに逝けるのか、生きていた頃の行いが災いして別の場所へと逝くことになってしまうのか。
はたまた、そんなものなんてこの世界には存在しないのか。それは誰にも分からない。
 こうなったのは一体誰のせいなのか、ということを無視して、この期に及んで叶いもしないであろうことを思ってしまう。

 もし、この世界に輪廻という概念が存在していて、かつ前世というものが次におれという存在が生きる時に大きく関係しているとするのなら。
 出来ることなら、おれはまたあいつに会いたい。会って、何も起こらないような何てことない日常を過ごしたい、と。

 意識が無くなる少し前。耳元で誰かの息遣いが聞こえる。そして放たれた言葉の意味を理解するのに、時間なんて必要なかった。

『……だって、ずっと一緒だもんね?』

 ああ、そうだ。そうだったな。
 お前とも、そんな約束をしたんだったな。

「約束は、果たさないとな……」

 また出会えたなら、今度こそ――。

 ゆっくりと、光の粒が色濃くなっていく。その場にいたはずの誰かの姿なんていうのは、もうどこにもいない。
 変わりにその場に残されていたのは、モノクロの世界の中に唯一の色を放っている、赤く染まった一輪の花だった。
1/1ページ