RentaスタッフおすすめBLノベルをフォレストスタッフが読んでみた

Renta!×フォレストコラボ企画

「最近はBLノベルまで手が回らない」&「BLノベル読みたいけど何を読めば良いかわからない」というフォレストスタッフ意見から、 BLを愛してやまないRenta!スタッフさんにお勧めBLノベルを紹介頂きフォレストスタッフ3名がレビューをサイト上で発表しています!

BLノベル好きは勿論、BLノベルは何を読んだら良いか分からない方も、初心者から上級者でも十分に楽しめるラインナップです。是非気になる作品があれば読んでみてください!

オメガバースおすすめ作品

愛されオメガの幸せごはん

  • 著者:葵居ゆゆ
  • 画:カワイチハル
  • 発行:幻冬舎コミックス

半獣うさぎのオメガである灯里はアルファの貴臣と結婚することに。
でもそれは愛ではなく貴臣の亡き弟の息子・珠空を育てるためで…?

スタッフレビュー

オメガバース設定の中でも、”半獣人”と”人”が共存する世界のお話です。
半獣うさぎのオメガである灯里は、体が弱いため結婚相手として望まれないことに自信を無くしていたものの、年上アルファの貴臣と幼い半獣の珠空に出会い、前向きになっていくところは心が動かされました。
灯里の発情期がきっかけで2人の関係が大きく進展するのですが、貴臣の不器用な優しさが灯里を傷つけてしまったり一瞬辛い場面も……。
後半になるにつれて“こんなに甘々になるとは…!”とこちらが恥ずかしくなるぐらい距離がぐっと縮まるので、前半とのギャップも楽しんでいただきたいです!
口下手な貴臣と謙虚な灯里がどのように気持ちを伝え惹かれ合うのか、展開が気になってどんどん読み進めてしまいました。
さらに、子育て設定が好きな方は、珠空と灯里の絡みは癒されること間違いなしです!!
珠空が灯里に甘えてうさ耳を甘噛みするシーンなどは、あまりの可愛さに母性本能がくすぐられました……。
“幸せな家庭”を憧れてしまうほど、愛情がたっぷり詰まったとても素敵な作品でした。

人外おすすめ作品

九尾狐家妃譚~仔猫の褥~

  • 著者:鈴木あみ
  • 画:コウキ。
  • 発行:二見書房

九尾の狐の化身・焔来とハチワレ猫の化身・八緒。
種族の違う焔来の仔狐を産めるはずのない雄猫の八緒が何故か身籠り!?

スタッフレビュー

九尾狐の化身×猫の化身という和風の世界観で、王家の世継ぎである攻めと、その世話役・遊び相手として幼少から仕えている受けのお話です。
まずケモミミと尻尾が最高です…モフモフは正義!攻めは九尾の狐なので、モフモフ尻尾が9本も!狐の尻尾と猫の尻尾が絡んでいたりするのが破壊力抜群ですね……モフモフモフモフ
受けの八緒(はちお)がひたすら健気で鈍感でとってもかわいい!本当にまっすぐ攻めのことを想っているのですが、身分や種族の違いで言い出すことができないのが切ないです……。
攻めの焔来(ほむら)はクールなのに八緒へ溺愛ぶりが萌えです!幼い頃から「八緒でなければいやだ」と執着だだもれなのがたまりません~~
両片想いのすれ違い状態が続くのですが、2人が一途に想い合っているのがしっかり伝わるので、ハピエンを確信して読み進めることができました!
幼馴染、身分違い、健気受け、溺愛攻め、両片想い、妊娠出産、ケモミミ…といったキーワードが刺さる方にオススメです!

ファンタジーおすすめ作品

烈火の血族

  • 著者:夜光花
  • 画:奈良千春
  • 発行:大洋図書

【質問。千人の命を救うため、愛する人の命を奪えるか?】
魔法にドラゴン、秘密が絡まり合う壮大な恋と闘いの物語、開幕!!

スタッフレビュー

BL×ファンタジー!ということで、主人公のマホロがとある使命を持って魔法を学べる士官学校に入学するところからお話は始まります。宿舎での新しい生活や魔法の授業などファンタジーならではの描写が多く、終始わくわくしながら読んでいました。
主人公で受けのマホロは色白で小柄で頼りなさげなところが小動物のようで、とっても可愛らしい……。攻めのノアは先輩で顔良し育ち良しの俺様系。強引ですがその分マホロへストレートに想いを伝えてくるところが良い!
スパダリ攻め×守られ受けが好きな方は刺さるのではないでしょうか?美麗な表紙でも分かりますが体格差があるのも個人的におすすめポイントです◎
後半には魔法による闘いが描かれたり、ファンタジーものとしても楽しめました!ハラハラドキドキの展開で手に汗握りつつ、マホロのために闘うノアのかっこいいこと……。
シリーズの第一作目ということもあり”壮大なストーリーが始まる序章“という感じで、2人の恋の行方やマホロ自身の謎、これから起こるであろう闘いなど気になることがたくさん出てきたところです。早く続きが読みたい……!